【シゴトライの評判・費用】うつで就職に悩んでいるならば、うつ病専門の就労支援『シゴトライ』を検討すべき理由

うつ病専門の就労移行支援『シゴトライ』 仕事・働き方

プロフィールなどでも書いている通り、僕は『パニック障害』を持っています。
もう約20年ほどのお付き合いでして。。。

その間に、うつ症状についても経験したことがあります。

■このブログの著者『考スケ』のプロフィール

それゆえ、普通に企業で働き続けることが段々と困難になってきて、27歳で自営業へと移行したわけですが。

 

メンタルに不具合を抱えてしまうと、

 

■日々の通勤
■決められた日に決められた時間、決められた場所で働く

 

こういうことを毎日普通にこなすということが難しくなってきます。

僕同様に「うつ」や「パニック障害」をお持ちの方には、この気持ちをよく分かっていただけるのではないでしょうか。

シゴトライを知ったきっかけ

シゴトライ

自営業というものは本当に不安定。
売り上げが悪い月が続くと、どんどん気持ち的に辛くなっていきます。

特に最近は、売り上げが本当に厳しい・・・
2016年頃までは調子の良い月の方が圧倒的に多かったのですが、2017年あたりから傾きだし、2019年現在ではかなり追い詰められている状況・・・

 

なのでここ最近は、就職・転職サイトで求人情報を眺める機会が多くなってきました。

自分に出来そうな仕事はあるのか?
あったとして、それは通えそうな場所にある会社なのか?

そういったところに注目しながら、いざとなったら働けそうな会社はないかと探すのが癖になりつつあります。

もちろんそう簡単には見つからず、結局は「今の自営での仕事を頑張るしかない!」という答えに落ち着くことになるんですけどね。。。

 

こうして定期的にいろいろな就職・転職サイトをさまよっているのですが、その中で気になったのが、『シゴトライ』 といううつ病専門の就労支援サービス

気になったのでじっくり調べてみた結果、僕のような人間にとってはかなり魅力的な就職支援サービスに思えたため、どのような部分を魅力に感じたのかや、惹かれた理由などについて書いてみたいと思います!

うつ・パニック障害持ちは『普通の就職』に抵抗を感じてしまう

うつ・パニックの辛さ

うつは本当につらいもの。
僕も20代の時に、パニック障害がきっかけとなり、数か月ほどではありましたが『完全なうつ状態』となっていた時期がありました。

 

どんなに頑張っても寝れない。

今まで「楽しい」と感じていたことが楽しいと感じられなくなってしまう。

何もする気が起きない。

何をどう頑張っても前向きな気持ちになれない。

 

いわゆる「パニック障害による二次的うつ」というもので、上記のような状態に陥ってしまっていました。

あの時の絶望感は、今でも忘れられません。。。

 

そして、こうしたうつなどの『メンタルの不調』を抱えていると、普通に就職活動をするということに抵抗感を覚えてしまいます。

 

「面接時にうつやパニック障害であることを伝えるべきかどうか。 伝えたらほぼ落ちてしまうのではないか。」

「仮に受かったとしても、その後周囲の理解を得られるだろうか。」

「周囲に受け入れられたとしても、周囲の期待に応えられるだろうか。 そもそも働き続けることができるだろうか。」

 

こんな不安に囚われてしまい、なかなか面接を申し込むという段階にすら届きません。

つい二の足を踏んでしまうのです。

『シゴトライ』を選ぶ理由

シゴトライ

しかし、最初からうつを持っていることを前提として就職活動ができるならば、かなり気持ちが軽くなります。

それを実現しているのが『シゴトライ』という就労支援サービス。

以下に、シゴトライの利用について魅力を感じた部分を列挙してみます。

①うつ病前提でサポートしてくれる

シゴトライは、「うつ病専門の就労移行支援サービス」となっています。

それゆえ、「うつを抱えている」ということを前提に就職活動を進めることになります。

当然、就職におけるうつ病持ちの悩みなどについては熟知しており、我々の立場に出来る限り寄り添ってくれるはず
これは、通常の就職サービスでは期待できない事ですね。

この時点で、かなり気持ちが楽になります。

 

ちなみに僕の場合は『パニック障害』ですが、就労の邪魔となる部分は『うつ』とほぼ同じ。

ストレスや気持ちの浮き沈みに大きく左右されてしまうので、このあたりを理解してもらえるということには強い安心感を覚えます。

②就職後の離職率が低い

うつを抱えながらも頑張って就職する人も多いです。
多いのですが・・・

その多くは、数年でまた離職してしまうことが多いのだそう。

うつの根本原因を解決できたり、しっかりとした会社側の理解があったりしない限り、どうしても離職率が高くなってしまうのが現状です。

 

しかしシゴトライの場合は、就職後の定着率が【約90%】となっています。

この90%という数字は、シゴトライが勝手に発表しているものではなく、厚生労働省の「就労移行等実態調査」』での数字。

それだけ、シゴトライ側のサポート体制が充実していたり、会社側の理解があったりするということを表しているように感じました。

③独自の企業ネットワーク

シゴトライを運営する「ゼネラルパートナーズ」という会社が持つ独自のネットワークを活用できる面にも惹かれました。

入社実績について公式ホームページ から引用すると、

【入社実績】(一部抜粋・敬称略)
・ 三菱UFJインフォメーションテクノロジー株式会社
・ 丸紅オフィスサポート株式会社
・ 三井住友トラスト・パナソニックファイナンス株式会社
・株式会社ディー・エヌ・エー
・株式会社 マイナビ

となっています。

この他にもたくさんの入社実績が掲載されていましたが、いずれもビッグネームばかり。

こういった会社への入社実績があるのならば、かなりの数の会社とのネットワークがあると思われます。

④スキルアップ研修

スキルアップ研修自体は、実施している就労支援サービスも多いです。

しかし、「うつであることを考慮した上でのスキルアップ研修」となると、なかなか無いでしょう。

シゴトライの評判はどうなのか?

シゴトライの評判

では、実際にシゴトライを利用した人たちの評判・口コミはどうなのか?
やはり、ここは気になるところ。

ということで、シゴトライを利用して就職したという方々の評判について調べてみました!

■30代/女性/そううつ病
(大手メーカーへ総務事務職として入社)

私の場合は事業所へ見学に来た企業様から声がかかり、就職のご縁を頂きました。
入社前に企業実習を行い、通勤や職場環境・業務内容等を確認することができたので安心して入社することができました。

どういうときに、何が原因でストレスを感じ、体調を崩すのか。
その傾向を通所の中で把握できたので、通所前より体調のコントロールがしやすくなりました。

■30代/男性/うつ病
(大手アパレル企業へ人事事務職として入社)

自分の考え方やものの見方を見直し、行動する良い機会になりました。
またそれを元に自信を持って面接等に臨むことができました。
入社後も必要に応じて自分の考え方や行動を見直すことを続けたいと思っています。

■30代/女性/うつ病
(IT企業へ一般事務職として入社)

●実務で使えるパソコンスキルが身に付き、MOSの資格がとれた。

●自分がどのくらいの業務量に耐えられるかがわかった。 作業量が多くならないようにうまく断る練習ができた。 ストレスに弱かったので、ストレスに慣れる練習もできた。

■20代/女性/気分変調症
(大手総合金融会社へ一般事務職として入社)

就職活動や就職してから役立つことをたくさん学べました。
就職サポートではわからないことやどうしたら上手くいくか等丁寧に教えて頂けて、とてもためになりました。

コミュニケーション研修では、悩んだときの対処方法など学べてよかったです。

人と話すのも慣れ、人との接し方や一人で抱え込まずに相談するということができるようになり、成長を感じています。
就職することができたということもあり、通所前はなかった自信が少しつきました。

■30代/男性/統合失調症
(大手メーカーへ一般事務職として入社)

全てがプラスになりました。
きちんと毎日通えるという自信がつき、基本的なビジネスマナーやPCの操作方法も習得できました。
メモをとる癖がついたことも入社後に役立っています。

総合科目はPCのスキルアップだけでなく、いろいろな人と話す機会があるためコミュニケーションの練習にもなり、とても良いカリキュラムだと思います。
文書研修は私のようにきちんとした企業で働いたことのない人間にとっては大変参考になりました。

上記の評判は、皆「就職できた人たち」の評判のため、良い内容ばかリになっています。

当然悪い評判もあるだろうと思い、ググったりツイッター検索をかけてみたりと頑張って探してみたのですが、悪い評判や口コミについては一切見つかりませんでした。

粗悪な商品・サービスの場合、探せば必ずと言っていいほど悪く言われている口コミが見つかるもの。

まだ実際に利用したことが無いので断言はできませんが、これだけ探しても悪く書いている口コミが見つからないということは、信用に値するサービスである可能性が高そうに思えます。

シゴトライを利用するにあたってかかる費用

シゴトライの費用

では、シゴトライを利用する場合にどれくらいの費用がかかるのか?

公式ホームページ から引用してみます。

収入の状況により、無料でご利用頂ける場合と自己負担が発生する場合がございます。
当事業所では利用者の9割以上の方は無料で利用頂いておりますが、詳しくはお問い合わせください。

※交通費・昼食費については自己負担となりますが、市区町村によっては補助がある場合がございます。

上記の通り、シゴトライの利用はほとんどの場合『無料』となります。

無料の理由は単純。
就職・転職サイトというものは、求人を出している会社側が費用を出すものなので。

経済的な負担なく就労支援を受けられるのは、うつを抱えながら就職を目指す方にとって大きなメリットとなるでしょう。

就職までの流れ

シゴトライでの就職までの流れをざっくりまとめると、主に以下の5ステップとなります。

シゴトライ

上記の通り、まずは予約をしてから事業所へ見学に行く、という形。

「申し込んだら即始まるわけではなく、一度見学をはさめる」というのは、利用者側の気持ちからするとありがたいですよね。

僕が利用する場合も、いきなり就労支援プログラムが始まってしまうより、一度どんな場所か見学させて欲しいので。

 

そしてその後は、【事業所通いの体験 ⇒ 受給者証の申請・発行などの事務処理】と進んで、いよいよ就労支援プログラムの利用開始となります。

就労支援プログラムは、以下のような内容。

【シゴトライの就労支援プログラム】

■生活や体調の安定
■スキルアップ研修
■シゴトライの企業ネットワークや就職ノウハウを用いての就職活動
■就職後のサポート

 

このサービスを、最長2年まで利用できます。

最後に

シゴトライ

以上、メンタルに不具合がある方にとってはかなり有意義なサービスであろう「シゴトライ」について書き綴ってみました!

今の僕の仕事状況は、「まだなんとか自営の仕事でギリギリ食えている」という状態。
しかし、あと一押しで崩れ去ってしまう可能性が高く・・・

そうなったら・・・

まずは、シゴトライへ見学の申し込みだけでもしてみようと思っています。

実際にシゴトライの人たちと会ってみて、話を聞いて、「自分でもできそうかどうか?」と考えてみる分には何の損も無いのですから。

損どころか、そこから何か大きなものを得られるきっかけになってくれるかもしれません。

まあ僕の場合は、一番良いのは「自営の仕事で盛り返せる」ということなのですが。。。

 

就職に関して同じような悩みをお持ちの方がいらっしゃれば、こういったサービスの利用について検討してみるのもアリだと思います。

■シゴトライ 公式ホームページ 

タイトルとURLをコピーしました