すぐ電話してくる迷惑な仕事相手は疲れる・・・正直、いきなりの電話は面倒な上に仕事の邪魔

仕事・働き方

自営業を始め、いろいろなタイプの人と仕事をするようになってかなりの年数が経ちました。

その中で不愉快に感じたことの代表的なもの、それが「些細なことでもいきなり電話してくる仕事相手」です。

こちらの都合を考えない電話は本当に疲れる

何かあると、気軽にサクサク電話をしてくる一部の仕事相手の方・・・

本当に、一体何を考えているのかわからない・・・

こちらの都合はお構いなしなのでしょうか?

なぜ、「自分は電話で聞きたいけど、相手は今、何か違う仕事をしているかもしれない」と考えてはくれないのでしょうか?

ひどい時は、こちらがメールで送った質問や確認事項についても、電話で答えようとしてくる人もいました。

そういった時に、

「済みません、なぜ電話なのですか? メールでご返答いただけるとありがたいのですが・・・」

と僕が伝えると、

「あ、電話の方が早いんで」

というあまりに呆れた答えが返ってくることが多いです。

 

電話の方が早いというのは、あなたの勝手な都合なわけで・・・

あなたは電話で済ませた方が早くても、メールを送ってから数時間後にいきなり電話で返答されても、こちらはもう違う作業をしているわけで・・・

いきなりそんな電話がかかってきたら作業の邪魔になるだけで・・・

 

僕からのメールを確認した日以降の予定が立て込んでいて、メールでしっかり返信できないから電話した、というパターンもあるかもしれません。

とはいえ、仮にそのパターンでも、その旨をメールで送ってくれればいいわけです。

こちらが急いでいれば、「どこかのタイミングで電話打ち合わせは可能ですか?」とメールでアポを取らせていただくわけですし。

 

仕事の電話とプライベートの電話とでは、受け手側の感覚が全く違います。

プライベートの電話はどうとでもなりますが、仕事の電話というのは、少なからずプレッシャーもあるし、変に無視できないというバイアスがかかるため作業を中断してでも出ないといけない場合もあります。

何か緊急の用件である可能性もあるのですから。

しかしいざ電話に出てみると、「それ、メールでいいじゃん」ということがほとんど。

大変偉そうで申し訳ないのですが、こういった方々には、相手の都合を思いやる配慮をもう少し持っていただきたいです。

仕事のやりとりは、極力メールやLINEで進めるのが理想

そもそも僕は、仕事相手には「メールかLINEといった、形に残るやりとりでお願いします」と事前に伝えてあります。

仕事についてのやりとりならば、電話ではなく、基本的にはメールやLINEで進めるべき。

理由は簡単。

 

■形に残るので、後から「言った・言わない」の水掛け論にならない

■仕事相手との合意内容や条件などについて、後からいくらでも遡って確認できる

 

こういった強烈なメリットがあるのですから。

遊びじゃないのだから、伝え忘れがないように、どういうやりとりがあったかはしっかりと形に残し、お互いが確認できる形にしておくのが当然の事です。

実際、気軽に電話してくる人は、

「済みません! 例の●●の件なのですが、昨日の電話でなんて言ってましたっけ?」

なんてことを平気で聞いてきたりします。
アポなしでいきなり電話をしてきた上で。

こういう無駄でアホなやりとり・ストレスを避けるため、仕事上のやりとりは出来うる限り形に残るもので進めるようにしています。

電話する必要性・緊急性があれば別

当たり前ですが、電話での連絡をすべて否定しているわけではありません。

呑気にメールでの返信を待っている場合ではないような、すぐに伝えないといけない緊急性のあることならば話は別。

むしろ、そんな時にメールやLINEを送って仕事した気でいられたら困ってしまいます。

そういう時は、相手が電話に出るまで鬼電すべき。
なにせ緊急なのですから。

 

あとは、電話でないとニュアンスが伝えにくいこともありますよね。

もちろん、そういう場合も電話でしっかり伝えるべき。
しかしその場合でも、事前にアポを取ってから電話すべきでしょう。

仕事の電話は、友達に飲みの誘いをするような気軽なものとはわけが違います。

「そんな大げさな・・・」と自分では思っていても、相手は時間構わずかかってくる仕事の電話を迷惑に感じている可能性だって多分にあるのです。

むしろ、「いきなりの電話は迷惑」「面倒くさいと思われている」という前提で考える方がいいでしょう。

長年の関係があったり、お互いそっちの方が良いという認識がある間柄ならばよいですが、僕の場合は仕事相手には必ず「メールかLINEベースで」と伝えています。

前述の通り、メールかLINEの方が形として残るので言った言わないの水掛け論にならないし、いざ忘れた時も遡って確認できるので。

しかし、電話での会話は形にも残らないし、遡っての確認もできない。
かつ、相手の時間を理不尽に奪う行為。

緊急性も必要性もない仕事の電話は、百害あって一利無しです。

僕が苦しんだ実例

自営業を始めた当初は、こういった無神経な電話で仕事が進まなくなることがちょこちょこあり、ぶっちゃけ「うざいっ・・・」と思っていました。

しかし徐々に、「仕事の連絡は基本的にメールでお願いします」ということを仕事相手に伝えていくことができ、大した内容ではないのにいきなりの電話がくる、というパターンは激減していきました。

しかしっ・・・

一人だけ、どうにもならない相手が・・・
仮に「M氏」とします。

 

このM氏、とにかく電話至上主義。
どんな些細なことでも、必ず電話で聞いてくるのです。

僕が「連絡はメールでお願いします」と強く強くお願いしても一切怯まず電話してくるという、ある意味ツワモノでした。

最初の頃は、

「連絡はすべてメールでとお願いしているのに電話してくるということは、緊急性があるのかもしれない」

と思い、律儀にすべての電話を取っていました。

しかし、そのすべての電話において、緊急性や電話である必要性が全くなかったのです・・・
むしろ、メールでやりとりした方が後々遡って確認もしやすい内容ばかリ。

前述の、「済みません! 例の●●の件なのですが、昨日の電話でなんて言ってましたっけ?」については、見事にこのM氏です。

 

なんとか理解してもらおうと、電話があるたびに毎回言うようにはしていました。

「今の内容だと、メールの方がいいですよね? 確認のため、メールでも送っていただけますか?」

みたいに。

これで、電話だけじゃ完結しないということが伝わってくれるかなと期待していました。

しかし、M氏は徹底ぶりはかなりのもの。
これだけ伝えても、絶対に電話から始まるのです・・・

 

そんなことが繰り返されたため、ある時から僕はM氏の電話には出ないようにしていました。

出たところで大した内容ではないことはわかっていたし、そもそもメールベースでお願いしているこちらの意向を完全に無視する迷惑この上ない仕事相手だったので。

しかしそれでも、「ラスイチあるかも!」とでも思っているのか、M氏は懲りずに電話スタート。

どれだけ僕がメールでお願いしようと、「とりあえず電話」の姿勢は崩しませんでした。。。
ある意味、天晴です。。。

 

なお、「取引先の電話に出ない」ということで、自営業としては仕事が減ることへの恐怖があると思います。

しかし僕は、無駄な電話に出ないという当たり前なことをしている中で取引が無くなってしまうなら、それでもいいとすら思っていました。

それくらい、どうでもいい内容でいちいち電話をかけてこられるのはストレスだし、時間の無駄だし、仕事の邪魔なのです。

するとM氏、ようやく電話の頻度が減り、逆にメールが来る頻度が増えてきました。
電話しても出ない、ということをわかってくれたのでしょう。

・・・わかってくれたというか、諦めに近かったのかもしれませんが。。。

「まず電話」という人に対して

今回の僕の事例について、M氏を強くネガティブに表現してしまいましたが、実際のところはどちらが正しいということはありません。

今でも電話ベースで仕事を進めたい人は多いですし、ただM氏がそういう主義だったというだけ。
僕とは、ただ価値観が違っただけです。
「いきなり電話」を全否定するわけではありません。

メールでの文字のやりとりではなく、電話でコミュニケーションを取ることで関係を深めることがより良い仕事に繋がる、という考え方も分かります。

 

ただ、これもまた人それぞれの価値観。

僕は、電話では真のコミュニケーションは取れないと思っています。
ちゃんとコミュニケーションを取りたい時は、僕は必ず会うようにしていますので。

電話は、相手の顔も見えないし、変に間を埋めようと無駄なことを喋らざるを得なかったりと、真のコミュニケーションには向かないツールだと考えています。

ちゃんとコミュニケーションを取りたいのならば、対面で会うのが一番。
それを気軽に電話で済ませてしまおうというのは個人的に賛成できません。

堀江貴文氏の言葉「電話してくる人とは仕事するな」

僕は、ホリエモン氏に対し、特にリスペクトはありません。
むしろ、人間性に対しては違和感を持っているくらい。

ただ、めちゃくちゃ頭はいいし、能力があることは疑う余地がないと思っています。

トータルで見て好きか嫌いかで言えば、昔は嫌いでしたが今は普通、という感じ。

 

なお、発言内容にあまり忖度がなく、芯を食っていることが多いという部分は好きです。

人間性についてはいろいろ疑問でも、とにかくビジネス感覚は圧倒的だし、本当の意味で頭が良いのかなと。

仕事の電話についても。

僕は「電話に出ないキャラ」を確立している。電話で話す必然性のない用事なのに、やたらと気軽に人の電話を鳴らす者がいるが、僕は絶対に応答しない。相手がどんなに偉い人であろうが、僕は「電話に出ないキャラ」になると決めている。電話は多動力をジャマする最悪のツールであり、百害あって一利ない。仕事をしているときに電話を鳴らされると、そのせいで仕事は強制的に中断され、リズムが崩れてしまう。

引用 : 堀江貴文氏「電話してくる人とは仕事するな」

こちらの意見には100%同意。
ひたすら正しいと感じます。

そして・・・

1日の中には、細かいすき間時間がたくさん発生する。そのすき間時間を利用し、非同期通信によって仕事を効率的に進めていくのだ。

この言葉も刺さりました。
まさにその通り、と。

同期通信とは、『実際に会って話す』・『電話で喋る』というもの。
タイムラグなく、お互いの意思が伝わっている状態です。

インターネットができるまでは、同期通信以外に意思を伝達する方法は『手紙』や『電報』しかありませんでした。

手紙は、意思を伝えるのにタイムラグがあります。
手紙に綴った内容が相手に伝わるのは数日後なのですから。

しかし、インターネットの発達によって、同期通信以外、つまりは『非同期通信』が多様な形で実現されました。
メール、メッセンジャー、LINEなど。

これだけ多くの非同期通信方法があるのならば、堀江氏の言う通り、自分が仕事に没頭している時は仕事の時間、空いた時間で非同期通信を活用して仕事相手とコミュニケーションを取る、というのが実に効率的なやり方に思えます。

あとがき

年代によっては、まだまだ電話至上主義の方もいらっしゃると思います。

しかし非同期通信が発達している現代では、そのやり方は非効率的。
いきなり電話を使うというのは、緊急性・必要性のある時だけに限定すべきだと僕は思います。

実際に若い世代は、突然の仕事の電話を迷惑に感じている層も多い模様。
それを「今の若いモンは・・・」で済ますのはどうでしょうか。

その「若いモン」の感じていることの方が、非同期通信環境が整っている今の環境で仕事を効率的に進めるには正しい感覚なのかもしれないのですから。

タイトルとURLをコピーしました