人生に後悔は付き物だが・・・それにしても、仕事での後悔が多すぎて困る件

仕事・働き方

後悔のない人生を送っている人など、この世に存在しないでしょう。

家庭。
仕事。
恋愛。
子育て。
進路。
資産運用。
不摂生。

人生において、大きな後悔が生まれるジャンルといえばこういったあたりかと。
人によって、どのジャンルでの後悔が多いかは別れるでしょう。

僕の場合は、ダントツで「仕事」ですね。。。

ひたすら繰り返す小さな成功と小さな後悔

自営業として仕事をしていると、本当に毎月毎月が勝負。

職種によるでしょうが、僕のようなしがないweb広告関連の自営業ともなると、日々いろいろなことを仕掛け、収益化を図っていく必要があります。

そんな生活の中で、施策が上手くいってしばらく良い時期が続いたりすることもあるんですよ。
そういった時に過去の僕は、もれなく調子に乗り、仕事をサボりだすわけで・・・

 

誰も監視がおらず、働かなくても誰も叱る者がいないという自由過ぎる自営業という環境で、常に厳しく自分を律して自己管理していくというのは本当に至難の業です。

きっちり出来ている方々は心底尊敬します。
もはや神だ。。。

 

で、仕事をサボるのだから、当然そのツケが回ってくる。
ちょっとした成功の余韻などすぐに消えてなくなり、売り上げは下がってくる。

でも大した成功ではないため、ツケが回ってきたとはいえ下がる売り上げ幅もタカが知れている。
元々上がった分も大したことはないのだから。

なので、そこまで深刻に受け止めない。

・・・だからこそ、「小さな成功⇒小さな後悔」を繰り返してしまう原因があるように思います。

 

そこからはしばらくダメな時期が続くも、また一生懸命いろいろな施策をしていると、再び良い時期がきたりします。

そしてサボる、そしてまた下がる、慌てて頑張り出す。

基本的には、こんなことを繰り返してきました。

このように、小さい成功後の小さい失敗では、小さい後悔が生まれるだけで、「まあ、できれば次気を付けよう」くらいにしか思わないのです。

大きな成功の後にくる大きな後悔で、やっと成長できる

「大きな成功の後にくる大きな後悔で、やっと成長できる」などと決めつけのように書いてしまって申し訳ないです。。。

これは、あくまで僕の場合の話。
成功しようが油断せずバリバリ動ける立派な人もたくさんいると思います。

しかし、僕は駄目でした。
わりと強めの痛い目に遭わないと、気付けないタイプだったようで。。。

 

ある時、月の収益がガクンと上がりました。
一つの施策が大ヒットしまして。

しかもこの施策の成功は、長く継続しそうな予感がしました。
実際2年以上続いたので、この予感は当たっていたことになりますね。

 

これにより、今までの流れを踏襲してしっかりサボりだす僕。

「もう人生アガリっしょ♪」といわんばかりの油断ぶりで、今考えると目も当てられません。

平日は友人・知人たちと飲み歩き。
休日は家族を連れて各所へ旅行したり遊びに行ったり。

仕事時間は激減していきました。

 

そして約2年後・・・

収益が下がり始めました。

更にその3年後には、収益が全盛期の1/6くらいにまで減り、「このままいくと生活が危ない」というレベルまで追い込まれました。
100点満点の自業自得。

この時は本当に辛かった・・・
今までにない、本気のレベルの後悔に襲われましたね。。。

ここで僕はようやく、「すぐ調子に乗っちゃ駄目」「ちょっと良い時期がきたからってサボっちゃ駄目」という、至極当たり前のことについて骨身に沁みて学べました。

特に後悔したこと

アフィリエイトを中心としたweb広告を扱っている自営業ということで、特に後悔したのは以下の二つ。

 

動画をもっと早くから始めておけばよかった

ブログを本気でやっていればよかった

 

動画については、全く手を出していませんでした。

「今後、広告収入については動画が主流になる」という話は、まだヒカキンくらいしか有名な人がいないような時からポツポツと話には聞いていたのですが・・・

聞き流してしまっていました。
なぜだ自分・・・

 

正直、Youtubeがここまでの隆盛を極めるなど、予想してなかったですね。

あくまでメディアの一つの形として、そこそこの地位を確立する程度だろうという予想でした。

しかし、実際は皆様もご存知の通り。
モンスター級に拡大し、広告事業の代表格となっています。

時代の先を読むのは本当に難しい・・・

 

そしてブログ。

こちらは、チラホラやってはいたのですが、そこまで本気ではありませんでした。

あくまでサイトアフィリがメインで、ブログに関しては実験的にやってみたり、片手間で趣味的にやってみたりしていた程度。

これが大間違い・・・

時代はサイトではなくブログになっていたのだから、もっと早く完全なる移行を目指すべきだったのです。

しかし絶賛サボり中だった僕は、「まあサイトでもなんとかなるでしょ!」というお花畑な思考を無駄に貫いておりました。

この二つの後悔は、記事を書いている今でも歯ぎしりしたくなるほど辛いレベルの後悔。
書きながら、過去の自分へのがっかりが止められない。。。

一度収益が大きく上がってから大きく下がることの辛さ

まさに自業自得といった感じで収益が下がったわけですが、その時に一番つらいのが「生活レベル」です

皆様もよく耳にすると思います。
「収入が上がると、生活レベルが上がりがちだ」、と。

もちろん、それ自体は悪い事ではありません。
上がった収益を維持しつつ、さらにその上を目指すような努力をしている人ならば、全然アリでしょうから。

しかし、僕のように更なる上を目指すこともなく気ままにサボる人間が、気軽に生活レベルを上げたりしてはいけないのですっ・・・

 

あとは、生活レベルの上げ方にもよりますね。

 

「旅行にたくさん行くようになった」
「高いブランドの服を買うようになった」

・・・なんてことはまだマシ。

こうした一時的な消費ならば、いざ本当にヤバくなれば我慢してスッパリとやめればいい。
というか我慢せざるを得ません。

 

よろしくないのが、

「賃貸で住む家の家賃を上げる」
「子供の習い事を増やす」

・・・など。

 

まず、最もまずいのが家賃
ランニングコスト(固定費)を上げてしまうと、おいそれとは下げられないのです。

家の場合だと、安いところに引っ越そうとしても、やたら時間のかかる家探し、不動産屋との交渉や手続き、引っ越し作業など、とにかく時間がかかるし、引っ越しにかかる費用もバカになりません。

結果、そう簡単に引っ越せず、収益が落ちているのに高い家賃の家に住み続けるしかなくなるのです。

 

子供の習い事については、「辞めさせればいいじゃないか」というご意見もあるかもしれません。

しかし、実際に子供を習い事に通わせている親御さんならお分かりになると思いますが、余程の事がない限り、親の都合で子供の習い事をやめさせるわけにはいかないですよね。

子供がここまでやってきたことが水泡に帰すのですから。

まして、子供がその習い事を気に入っている場合、「ゴメン、今月で終了!」などという宣言をするのは身を切られる思いです・・・

 

上記はあくまで一例ですが、とにかく一度生活レベルを上げてしまうと下げるのが本当に難しいのです。

僕は、この部分で本当に苦労しました。

仕事で後悔しないためには

散々仕事での後悔をしてきた僕が得た結論、それは・・・

【仕事が上手くいっている時ほど、稼げている時ほど、次に向けて必死にならなければならない】

ということ。

仮に何かの仕事が成功して、盤石に思えるような収益基盤を構築できたとしましょう。

しかし、その成功はいつか必ず廃れます。
一度の成功で、その後の人生の安定が保証されることなど極めて稀なのですから。

ということは、成功の後には必ず衰退がくるのだから、成功中に次の成功の種を蒔いておかないと、超高確率で後悔することになります。

このことを心底理解できた僕は、もし次に成功が訪れた時は、待ってましたとばかりに頑張るつもりです。
下手したら、成功した時以上に。

タイトルとURLをコピーしました