子供の運動会に向けて、早朝からお弁当を作る妻、熱中症対策に必死な僕・・・

体・健康

少し前の話ですが、、、

2019年5月25日(土)は、全国的に小・中学校の運動会が行われていました。

ウチの子供たち(小5男子&小1女子)が通う小学校も、まさにこの日が運動会。
千葉県における予想最高気温が33℃という、まだ暑さに慣れていない今の状態ではかなりヤバい気温が示された中での運動会でした。

学校側も配慮してくれて、「開会式や閉会式の短縮」・「演目の短縮」などで対応してくれるようでしたが・・・

正直、どこまで効果があるのか。
運動会の練習の時点で倒れた児童がいるという報告があった中で、非常に不安でした。

 

まだ暑さに慣れていない中で、朝9時くらいから昼の2~3時まで行われる運動会。
不安要素はいろいろとあります。

そんな心境で迎えたこの日の様子を、雑記的な感じでダラダラと綴らせていただきつつ、今後のあるべき運動会の形を勝手に提案させていただきたいと思います!

嫁は、早朝からお弁当作り

弁当って、「各家庭で用意してくる」というルールになっている学校が全国的に多いと思います。

ご多分に漏れず、ウチの子供たちが通う小学校もこのルールなので、嫁が朝4時とか5時に起きて、僕と妻と子供2人、合計4人分の弁当を用意していました。
軽く想像するだけでも滅入る作業ですね。。。
いつもご苦労様です。。。

「多くの母親が皆やっていることなのだから」と言われてしまえばそれまでなのですが、見ていて本当に気の毒になります。
仲の良い他の家族からの目もあるので、コンビニ弁当を買って済ますというわけにもいかないでしょうし。

運動会の日の弁当作りは、世の母親にとって一年の中でもかなりプレッシャーのかかる日ではないでしょうか??

 

僕は、申し訳ないですがたっぷりと寝させていただき、一発目の我が子の出番となる直前に運動会の会場へ行かせてもらいました。

子供の運動会、楽しみっちゃ楽しみなんですけど・・・その多くが知らない子供たちの演目。
通常の状態ならばまだしも、いつ熱中症になってもおかしくないようなこの暑さの中ですべての演目を見るのはさすがに厳しい・・・

パニック障害持ちとしては、暑さも怖いんですよね。
自律神経がやられ、不安定な状態になることがあるので・・・

 

ということで、申し訳ないのですが、自分の子供やその他知り合いの子供たちが出る演目だけを見るスタンスを取らせていただきました。

熱中症対策はしたつもりだが

開会式が午前9時スタート。
そこから逆算して、最初に小5の息子の出番となるのが大体午前10時くらい。

ということで、嫁が作った弁当や保冷剤や飲み物・テント・その他必要機材などを持って、10時前くらいに酷暑の中運動会の会場へと向かう僕。

辿り着くと、、、

猛暑の中、けなげに頑張っている子供たちの姿が・・・

この時点で、既にジーンときてしまいます。
歳をとった証拠ですね。。。

 

気温はもちろん高く、僕もこの時点で汗ダラダラ。。。

重い荷物を運んできたこともあり、早速ちょっとクラっときました。
このままじゃ倒れるんじゃないかと心配になるほどに。

 

ちなみに、暑さ対策は充分にしてきたつもりでした。

首には冷却タオルを巻き、凍ったアクエリアスもコンビニで購入し、なるべく日陰を選んで移動するようにしていました。

しかし、焼け石に水。
季節外れの猛暑は、容赦なく僕の体力と自律神経力(?)を奪っていきます。

暑さにやられるのは、体力よりも、むしろ神経の方が影響が大きいと個人的には思っています。。。

以前に一度熱中症にやられたことがある僕。
大人になってから熱中症にかかると、その後は熱中症になりやすい体質になってしまうことがあるようです。
僕は、まさにそのパターンに当てはまっておりまして・・・

熱中症になるまではそこまで暑さに弱くなかったのですが、一度喰らってからは滅法弱くなってしまいました。

 

結局1時間も経たずにキツくなり、小5の息子の障害物競走を見た後に一旦近くのコンビニへ避難。
涼を取ることにしました。

そこで、追加の冷凍アクエリアスを購入。
アイスノン的な役割として活用するために。

ここまでするくらい、熱中症経験者&アラフォーボディには厳しい暑さだったのです。
まだ体が暑さに慣れていない上、一度熱中症をやってしまった僕にはかなり辛い状況。

待望のお弁当タイムへ

そんなこんなで凌ぎつつ、いよいよ待ちに待ったお弁当タイムに突入!

密かに、この時間は楽しみにしていました。
仲の良いご近所さんたちと一緒に家族ぐるみで食べる昼食が、つまらないはずがないですから。

 

まずは、嫁が作った弁当を広げます。

個人的には申し分ありません!

暑い時に最適な冷や麦をメインに据えつつ、補助的におにぎりも用意。

おかずとしては、鶏のから揚げや味付けソーセージ、肉団子、豚肉巻き、ブロッコリー、プチトマト、枝豆となかなか豪華。

愚妻文化の日本において、自分の嫁をただただ褒めるのもどうかと思いますが、本当に絶妙に仕上げてくれていると思い、ご近所さんがいるのも構わず「おお!凄いじゃんこの弁当!」なんて言ってしまいました。。。

欧米だったら自然な行為ですが、日本でこれをやると、若干「イタい夫」と見られないか不安です・・・
いや、こういう考えすぎがパニック障害を呼び込むとわかってはいるのですが、なかなか性質というのは変えがたいですね。。。

・・・ちなみに、画像下のおにぎりが一つかじられているのは、僕のフライングですので悪しからず。
撮影前に勢い余ってかじってしまいました。
我ながら、もう少し後先考えて欲しいものです。。。

 

で、この弁当をそれぞれアップにして撮影してみると。

おかずのアップがこれ。

鶏のから揚げが盛りだくさん。
僕としては、もっと肉巻きが欲しかったですね。
本当に美味しかったので。

しかし嫁からの、「肉巻き、大変なんだよね」という切実な一言ですべてを理解しました。
うん、6個あれば充分です。。。

 

そして炭水化物は。

暑さ対策も込めてか、体を冷やす冷や麦を投入。
そこへ、僕が食べたいからという我がままを聞いてくれて一応小ぶりなおにぎりを3つ。

ちなみに、おにぎりが一つかじ(以下省略)

 

とにかく、冷や麦は本当に素晴らしかったです!
冷たいつゆにつけ、ズズズっとすすると、お腹を満たしつつ体を冷やしてくれる。
暑い時期のお弁当には最適でしたね。

もちろん、食べる直前まで大量の保冷剤で涼しさをキープしないといけないなどの面倒くささはありますが。

 

そして極めつけは。

イチゴとマスカットと蒟蒻畑。
これも、保冷剤によって冷え冷えになっています。

これが、我が子たちだけでなく、他の子どもにも大受け!
取り合いになっていたその姿は実に微笑ましかったです。

子供のああいう無邪気な姿はたまらないですねぇ。

なぜソーラン節?

お弁当タイムも終わり、いよいよ午後の部へ。

しかし、ここから出番が限定的となる息子と娘。
通常の状況ならばまだしも、炎天下で猛暑の中、ただ漠然と運動会を眺めているのはかなり厳しいです。

ということで、僕は一旦弁当やテントなどを片付け、それを自宅に持って帰ることに。
暑い中ただ突っ立っているより、何かやっている方が気が紛れると思ったので。

 

こうして、重い荷物を持って一旦自宅へ。
その後、録画してあった「令和一発目のやりすぎコージー」を観ながら休憩。

しばらくすると嫁から電話があり、「そろそろソーラン節が始まるよ!」と連絡が。
ソーラン節は、小5の息子の演目です。

これまでも思っていたのですが、なぜソーラン節なんでしょうか・・・?
過去の運動会でも、小5は皆ソーラン節を踊っていました。

こんな疑問が生まれたので、今や全知全能を司るGoogle先生に聞いてみることに。
「小学校 ソーラン節 なぜ」と。

 

結果・・・

 

『よくわからん』

 

という答えに落ち着きました。。。

一応、「手を繋ぐ必要のあるフォークダンスの代わり」だとか「北海道の稚内市立稚内南中学校でスタートした、校内暴力から立ち直るための対処」といった答えはあったものの、特に納得できるようなものではなかったです。

その理由だけで、ここまでソーラン節が全国の小5が踊ることになるとはちょっと理解しがたい・・・

 

でも、みんな一生懸命に踊っていて、その踊りの内容も素晴らしいクオリティ。
感動すら覚えました。

そんなシーンを観ていると、「ソーラン節を踊る理由なんかどうでもいいじゃん!」と思えてきます。
自ら疑問を投げかけておきながらブン投げるスタイル、どうか大目に見てください。。。

 

まあとにかく、子供たちが頑張って伝統的な踊りを覚え、暑い中で一生懸命踊っている。
そのことだけで、なんの理由も説明もいらないですよね!

ただただ魅入るだけです。
ありがとう!

運動会の開催時期について思う事

こうして、今回も大満足な運動会で終わりました。
しかし、やっぱり思ってしまうことがあります。

それは、、、

「運動会、今の時期じゃなくてよくない?」

これです。

 

運動会は、特別な事情がない限り、一律【11月実施】がいいんじゃないかと思うんですよね。

11月といえば秋。
スポーツの秋、なんて言葉もあるくらいなのですから、運動会をやるならばこの時期に合わせるべきなんじゃないかと。
気候的にも丁度よいのだから。

さらに言えば、5月の運動会なんて、1年生はまだクラスメイトと打ち解けていません。
運動会という目的があるから打ち解ける、という側面もあるかもしれませんが、個人的には、しっかり打ち解けてから運動会を迎えるという方が自然に思えてしまいます。

そういった点も踏まえた上での【運動会は11月に統一で】という意見・・・通らないものでしょうか??

タイトルとURLをコピーしました