将棋漫画なのになぜ「3月のライオン」というタイトル名なのか? 名前の由来・意味を解説

マンガ

将棋マンガでありながら、将棋以外の要素もふんだんに盛り込まれている『3月のライオン』
特に、主人公『桐山零』と『川本家の面々』との繊細な人間模様が大きな見どころの一つですね。

そして、この『3月のライオン』という名前。
将棋マンガなのに、なぜこんなタイトルなのか?
パッと見では、将棋のニオイが全くしません。

『月下の棋士』や『ひらけ駒!』のように、一目で将棋絡みのマンガと分かるタイトルが多い中、なぜ・・・?という方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、そこには意味がありました。

棋士にとって修羅の月となる『3月』

この答えは、単行本2巻の中盤にある先崎学プロのコラムの中にあります。

プロになると、『順位戦』というリーグ形式での対局が行われます。
ここで、ランダムに選ばれた10人の対戦相手と10対局を行ない、その成績によってクラスが昇格するか降格するかが決定されます。

順位戦が始まるのは6月
そこから、月に1対局ずつ行われ、トータルで10対局行われます。

ということは・・・

最終対局となるのが3月

最後の対局ゆえ、この3月の対局で勝てるかどうかによって、昇格するのか、降格するのか、同じクラスに残留できるのか、が決まるということも多いわけです。

つまり、棋士にとっては非常に重要となってくるのがこの3月の対局。
そんな大事な大事な3月の対局時には、多くの棋士がライオンのごとく獰猛になり、必死で勝利をもぎ取ろうと足掻くわけです。

こういったことから、このマンガのタイトルは『3月のライオン』という名前になりました。

3月のライオンのごとく足掻く棋士

実際にマンガの中でも、降格を懸けて苦しむシーンが描かれています。(これは3月の対局ではないですが・・・)

松永さんという65歳の棋士です。

(C)Chika Umino 2008/白泉社 {引用:3月のライオン2巻}

次に桐山零に負けたらC2に降級
つまり、プロとしての最下層リーグです。

順位戦を放棄する『フリークラス』というものもありますが、やはり昇格を懸けて順位戦をこなしてこそプロ!という考えの棋士も多いのでしょう。

 

しかし松永さん、対局内容はボロボロ。
あの手この手で必死に足掻きますが、すべて桐山零に見透かされてしまいます。

こんな松永さんを相手に、メチャ余裕で勝ちそうになってしまう零。
「自分が勝ってしまうとこの人は終わってしまう・・・」という葛藤から、勝ちに行くかどうか若干迷うも・・・

(C)Chika Umino 2008/白泉社 {引用:3月のライオン2巻}

「わざと負けようにもそれすらすでに難しい」

と零君に言わしめるほど、それはそれはひどい対局内容。。。

 

最終的に、零君がガンガン攻めて決着をつけにいったところ・・・

 

(C)Chika Umino 2008/白泉社 {引用:3月のライオン2巻}

 

『投了の時の潔さ』も棋士としての重要な品格の一つなのですが、それをモノともしない実に前衛的な投了シーンを見せつけてくれました。。。

松永っ・・・・・・(←もはや呼び捨て)

実にシビアな将棋の世界

しかし、松永氏がこうなってしまうのもよくわかります。
将棋のプロになるというのは、本当に険しき道なのですから・・・

何百・何千、下手したら何万という数のプロ棋士を目指す人たちの中で、プロになれるのはわずか約160人。

将棋の世界では、四段に昇格して初めて『プロ』になります。
三段までは『奨励会』というものに属し、ここでリーグ戦を行ないながら修行を積むのです。

そして奨励会を突破すると『四段』となり、晴れて『プロ』を名乗れます。

 

プロは5クラスに分かれており、四段昇格時にはまずC級2組(C2)からスタート。

そして、順位戦で規定の成績を修めることで、

C級2組(C2) ⇒ C級1組(C1) ⇒ B級2組(B2) ⇒ B級1組(B1) ⇒ A級

と昇格していきます。

ゴールであるA級は、たった10名しか存在できないという非常に狭き門。
A級棋士になるような人は、皆人智を超えた頭脳と精神力を持った神のような人でしょう・・・

なにしろ、前述の通りプロになるだけでも充分狭き門なのですから。
この時点でバケモノのように将棋が強いです。

さらに、そのトップ10ですから・・・
どれだけ凄い人たちがお分かりでしょう。。。
普通に会話とかできる自信がありません・・・
(名人がいるので、厳密には「A級以上の棋士」は11人)

クラスにって棋士の給料は全然違う

棋士たちは、なぜ命を削ってまで将棋に打ち込み、昇格しようとするのか?

もちろん、名誉やプライドのためでもあるでしょう。

しかし一番の理由は・・・
やはり『収入』です。

棋士も職業なのですから、収入を上げるための努力をするのは当然の事。

 

棋士の場合、滞在するクラスによって対局した際に貰えるお金が異なります。
当然、クラスが上なほど高い対局料がもらえます。

順位戦 対局料
名人 70万円
A級 40万円
B級1組 30万円
B級2組 22万円
C級1組 18万円
C級2組 10万円

■引用 : 将棋プロ1年目・新人の年収(賞金+対局料)はいくらか試算してみた!

少しでも高い収入を得るためには、一つでも上のクラスを目指す必要があるのです。

最後に

以上、将棋マンガなのになぜ『3月のライオン』というタイトルなのか?について綴ってみました。

3月の棋士たちは、ライオンのごとく獰猛になり、必死で勝利をもぎ取りに行く。
うーん、、、カッコいいですよね!

将棋が大好きで、棋士という職業に憧れさえ持つ僕にとっては、こんな意味が込められたタイトルと知った時は本当に痺れました。

羽海野先生、先崎先生、グッジョブっ!!!
(上から目線でスミマセン・・・)

タイトルとURLをコピーしました