【2019年のキーワードプランナー】無料はもちろん有料でも詳細な月間平均検索ボリュームが表示されない!なのでサポートに電話してみた

キーワードプランナー Web関連

世の中の皆様が、どんなキーワード(検索クエリ)で調べ物をしているのか?
これは、記事を書く上で非常に参考になる情報です。

せっかく記事を書くのですから、多くの方の需要に沿ったお役に立てる記事を書きたいもの。
そして、そういった記事を書くことでアクセスも伸びてきます。

キーワードを探すためのツールはいくつもありますが、その代表格がGoogleが提供する『キーワードプランナー』
僕がWeb広告自営業者として駆け出しの頃から存在した貴重なツールです。

ということで、3か月前から新たにスタートしたこのブログ『ウェブ日考』にて、久しぶりにキーワードプランナーを使ってみようと思ったのですが・・・

いろいろ変わりすぎていて全然使いこなせなかった・・・

ネットで調べても要領を得ないので、直接Googleのキーワードプランナーサポート担当者電話で聞いてみることにしました。

無料だと月間平均検索ボリュームの詳細がわからない

キーワードプランナーというのは、あくまで「広告を出稿するクライアント向けのツール」

なので、広告出稿をしないまま検索ボリュームだけ知ろうとしても、ざっくりとした数字しか提示してくれません。

これは、そういう類のサービスである以上仕方がないですね。
「見たければ金払え」ということでしょう。

 

一応、無料の状態でもある程度のボリュームは確認できます。

例えば『キーワードプランナー』という検索キーワードならば、月間ボリュームは「1~10万」といったように。

しかし、ご覧の通りあまりにアバウト。
1~10万と言われても、1万1千なのか9万9千なのかではキーワードの重要さが格段に異なります。

どうやら、2016年あたりから無料では詳細な検索ボリュームを閲覧できなくなってしまったようですね。

こういった悩みを回避できるのが、「Google広告(旧Googleアドワーズ)へ入金して有料サービスとしてキーワードプランナーを使う」という方法です。

有料でキーワードプランナーを使ってみたが正確な数字が表示されない

「Google広告へ入金して広告を出稿すれば、細かいデータが見れる」

これは、各ブログ・サイトでも語られていること。

やはり詳細なデータは知りたいので、試しにGoogle広告へ5,000円を入金し、僕の運営する他のサイトへの広告出稿を行なってみることにしました。
この5,000円で2か月くらいは持つ配分で。

これで詳細なキーワード検索ボリュームを見れるようになるならばOKかなと、この時は思っていました。

1か月あたり2,500円の有料ツールとなるとやや高いですが、運用次第ではもっと費用を下げられるでしょうし。

 

しかし・・・・・・

入金し、広告が配信されるようになってからも、1週間、2週間と詳細なキーワード検索ボリュームが閲覧できない状態が続きました。

有料で利用しているのになぜ・・・?
ネットで答えを探しても見つかりません。

 

ちなみに当時は、数百円を広告費として使ったところで広告を止めたまま、残高がある状態にすれば、そのまま有料状態でキーワードプランナーを使えた模様。

しかし今はこの方法も通用しません。

Google側としては当然でしょう。
高品質なツールを、小手先の技で使われてはたまらないといったところでしょうね。

ただもしかしたら、一度有料ステータスに切り替わって検索ボリュームの詳細を見れるようになれば、しばらくは月に数百円といった少額利用でも維持できるかもしれません。

このあたりは実際に試せていないので、過去の経験からの推測となってしまいますが。

 

有料サービスとして利用しているのに、一向に正確な検索ボリュームが出てこない。

この状況に困り果てた僕は、最終手段としてキーワードプランナーのサポートへ電話で問い合わせることにしました。

キーワードプランナーの担当者に電話してみた

キーワードプランナーのサポートは、平日は18時までやっている模様。
ということで、まずは金曜日の17時頃に電話をしてみました。

すると・・・

18時までやっているのは月~木で、金曜日は16時までとのこと・・・

いきなり出鼻をくじかれた。。。
皆様も是非お気をつけください。

 

気を取り直して月曜日。

今度こそ18時までやっているはずなので、またまた17時頃に電話してみました。

すると、大して待つこともなくキーワードプランナーのサポート担当者に繋がりました。

早速「有料で利用しているが、詳細な検索ボリュームが出ない」という旨を伝えたところ、サポート担当者の答えはこうでした。

【キーワードプランナーサポート担当者の返答】

「入金して広告を出稿すればすればすぐに詳細な検索ボリュームデータを閲覧できる、というわけではない。」

「利用実績に応じて詳細データを閲覧できるようだが、その目安となる『期間』や『広告出稿料』については私共も知らない。」

 

またこのパターンっ・・・

Google関連のサービスの場合、サポートに問い合わせても大事な部分については「わからない」・「~だと思う」と言われてしまう可能性が高いです。
これは昔から変わりませんね。

アドセンスもアドワーズも、10年以上前からそれぞれ担当者に電話で何かを聞くことがありましたが、何を聞いても返ってくる答えは、

 

「多分●●だと思う」

「それについてはGoogle本社から聞いていないので推測でしか答えられない」

「断言できないので、あとはご自身でご判断いただくしかない」

 

重要な部分についてはほぼこの形。

そして今回電話で問い合わせた時も全く変わっておらず、上記の法則が固く守られていました。

 

ということで、サポートに電話をしてみても大事な部分は何も解決しませんでした。

現状では、正確な数字が見れるようになるまでコツコツと広告を出稿するしかないようです・・・

ただ、サポート担当者の対応自体は、物腰柔らかで説明もわかりやすく、非常に誠意あるものでした。

回答できないものについては、「何も知らされていないので答えようがなく困っている」という雰囲気がヒシヒシと伝わってきましたね。

Google本社も、サポート担当にはもう少し情報を開示して欲しいものです・・・

サポート担当との電話のやりとりをブログで公開することについて

キーワードプランナーのサポート担当者との電話の最後に、こんなことを聞いてみました。

「この電話でのやりとりを元に、ブログで記事を公開しても大丈夫でしょうか?」

しかし、、、
この問いに対してもやはり・・・

「私共の立場でははっきりと申し上げられないのですが、今のところそういった事案に対して問題になったということはございません。」

・・・という、結局どちらなのかわからないフワっとしたお得意の対応。
この言葉を聞いてどう判断するかは君たち次第!みたいな。。。

「基本的には大丈夫だと思うけど、何か問題があったら突撃するかもしれないからよろしくね?」という暗黙のメッセージでしょう。

しかし、言葉のニュアンスから「全やりとりを詳細に載せるのではなく、要約したものを載せるくらいならば全く問題ない」といった空気が伝わってきたので、今回、要約した形で掲載してみました。

最後に

キーワードプランナーは本当に便利なツールなので、是非とも活用したいです。

しかし、どれくらい広告を出稿すれば正確な数字が見れるようになるのかわからないというのは精神的に厳しいもの。

一応、入金した5,000円を使い切るまでは広告出稿を続けてみますが、それまでは無料版でざっくりとした数字を活用したり、他のツールに頼ったり、という形で進めていこうと思います。

タイトルとURLをコピーしました